1 2 Zoom+
読み込み中 読み込み中


夫の上司が両手に怪我を負い、妻が命日出席のために帰省しなければならなくなったため、深沢さんは妻のいのりさんに上司の世話をしてもらうことにした。彼女は夫の上司に何度も会っていて、悪い人ではないとわかっていましたが、それでも少し不安を感じていました。そして、思った通り、彼は以前とは打って変わって、セクハラ的な言葉を連発し、いのりさんは非常に不快な思いをしていました。 しかし、上司である夫は、いつも二人を助けてくれているので、いのりさんは、彼の世話を続けています。そして、この傷の秘密、いのりの夫がつけた傷であることを明かした。 これが会社に知られれば、夫は解雇されるだけでなく逮捕される可能性がある。 !彼は…彼女が彼に身を捧げなければならないことを条件に、このことを秘密にすることに同意しました。 夫のために、いのりは夫の上司に彼女の魅惑的な体を舐め回されるのに耐えなければなりませんでした。 しかし、彼の巧みなテクニックに、彼女の体は徐々に従うことを拒否し、いのりですら自分の感情を理解していませんでした。しばらくして、上司の妻が戻ってきて、彼の手は治ったので、いのりさんはもう彼の世話をしに来る必要がなくなりました。しかし、いのりさんが上司の家に積極的に行き、一緒に性的快楽を味わった時の幸福感が忘れられなかった。

JUL-414 妻に事故を起こした上司を訪ねてもらい、その結果について
続きを見る